【整形外科医の仕事とは?】
整形外科とは人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の一部門です。背骨・手・足など全身の運動器官を造り あげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつき の奇形など)を治療し研究する学問です。そして整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復 させることを目的とします。不幸にして運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、 元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも整形外科の大きな役割であります。勿論、この際リハビリテーション医療 との協力が必要なこともあります。又、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言わ れる病気)の治療を行なうのも整形外科の主要な仕事であります。
【整形外科は手術だけするの?】
整形外科の治療は手術による場合だけでなく、手術をしない保存的な治療も多く行なわれます。整形外科の手術にはさまざ まな種類があります。例えば、次のような手術があります。脊髄・脊椎に対する手術・神経の手術・腱の手術・骨の手術(骨 接合術など)関節の手術(人工関節置換術など)等々があり、時には切断された指や手足などの再接合術も行なわれることが あります。

日本臨床整形外科学会
           


【整形外科疾患に関する健康相談】
整形外科疾患に関する健康相談は、「日本臨床整形外科学会」のホームページで受け付けております。 全国の整形外科専門医が回答してくれます。整形外科疾患でお悩みの方は、 JOA(日本整形外科学会)のHP を開いて、「健康相談」をクリックし、説明とQand A をよく読んでください。その上でもっと知りたい場合はメールで ご相談下さい。